今日はある本について紹介したいと思います。

神鷲(ガルーダ)商人〈上〉 (文春文庫)

深田 祐介 / 文藝春秋

神鷲(ガルーダ)商人〈下〉 (文春文庫)

深田 祐介 / 文藝春秋

この本は、だいぶ前になりますが、私が勝手にインドネシアの師匠とあがめている(?)

仙人の様な方がいるんですが( ´艸`)その方に勧められて読んだ本です。

デヴィ夫人について書かれた本なんですが、一応フィクションとなっているのですが、

内容はほぼ真実に近いようです。

この本を読んで、デヴィ夫人の強さ、すごさを感じました。。。

一般的にはスカルノに見初められて、と言われていますが、その裏にあった

ビジネスの取引や、インドネシアに嫁いでいった後のデヴィ夫人の努力等が

詳細に綴られています。

私も時々読み返しては、色々と考えさせられています。